本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

電子部品実装関連機器・マウンター

YAMAHA Surface Mounter Support & Service

「現場で使える!」コンテンツをそろえました。

登録無料 ヤマハサポート&サービス
WEB 「現場で使える!」コンテンツをそろえました。
  • もっとマシン情報が知りたいなぁ。
  • マシンが故障してしまったけどどうしよう!
  • このエラーメッセージはなに?

そんな声にお応えできるコンテンツをそろえています。

Point 1

アフターサービスに
必要なたくさんの
情報を公開

エラーメッセージ、制御配線図、パーツリストを公開しています。

Point 2

新着情報を
お届けします

登録いただいたメールアドレスにメルマガやダイジェスト版PDFで毎月新着情報が届きます。

Point 3

最新のお役立ち
情報をゲット!

最新のマニュアルはもちろん、すぐに役立つ様々なマニュアルをダウンロードできます。その他にもサービスインフォメーションやソフトウェアリリース情報、サポートダイヤルの稼働日カレンダーを確認できます。

YAMAHA Surface Mounter Support & Service 登録方法

YAMAHA Surface Mounter Support & Service 登録手順

利用規約・申込書ダウンロード

「YAMAHA Surface Mounter Support & Service」はヤマハSMT製品ユーザー限定のサイトとなります。
ヤマハSMTユーザーの方はチェックをお願いいたします。

YAMAHA Surface Mounter Support & Service WEB 利用規約

第1条 (目的)

このYAMAHA Surface Mounter Support & Service WEB 利用規約(以下「本規約」という)は、ヤマハ発動機株式会社(以下「ヤマハ」という)が提供するYAMAHA Surface Mounter Support & Service WEB(以下「本サービス」という)の登録を申請するお客様(以下「登録申請者」という)または第3条に従い本サービスの利用資格を得たお客様(以下「ユーザー」という)とヤマハとの間の法的関係を定めるものとします。

登録申請者は、本規約に同意の上で本サービス利用に関する登録申請を行うものとします。
本サービスへのアクセスその他の使用をされた場合、本規約に対するお客様の同意があったものとします。

第2条 (本規約の範囲及び変更)

ヤマハは、ユーザーおよび登録申請者に事前の通知を行うことなく本規約を変更することがあり、規約変更の発表後所定の期間が経過した時点で、すべてのユーザーおよび登録申請者はこれを承諾したものとします。規約変更は、本サービスにおいて発表し、電子メール等の手段を通じてユーザーおよび登録申請者に通知します。

第3条 (登録申込み等)

登録申請者は、ヤマハが別途定める方法で本サービス利用に関する登録申請を行い、ヤマハから登録完了の通知を受領した時点をもって、本サービスの利用資格を得るものとします。
なお、本サービスの利用に必要なログインIDと初期パスワードは、電子メール又はそれに準ずる手段によって、ユーザーに通知します。

第4条(個人情報の取扱い)

1.
ヤマハは、本サービスの利用にあたりユーザーまたは登録申請者が提供した個人情報(以下「個人情報」という)を以下の目的(以下「利用目的」という)で利用します。
  • 本サービス提供(それに付帯・関連する業務を含む)のため
  • 本人確認のため
  • お問い合わせ、ご意見、ご要望への対応のため
  • 品質向上・商品開発・改善を目的とした市場調査等の情報収集、および分析のため
  • メール・ニュース配信等ヤマハが提供する製品・サービスに関する情報提供を含むマーケティング活動のため
  • ネットワークと情報セキュリティ対策のため
  • 財産と権利の保護と安全のため
  • 法令、条例およびその他の規制などを遵守するため
2.
ヤマハは、法令等に定めがある場合を除き、ユーザーまたは登録申請者の同意を得ずに第三者に個人情報を開示・提供することはありません。ただし、個人情報の取扱いに関する業務を委託するために、個人情報を業務委託先に提供することがあります。
3.
ヤマハは、個人情報を、利用目的を達成するために必要な期間、または適用される法令等の義務を果たすために必要な期間保管し、適切な方法で廃棄します。
4.
ヤマハは、適用される法令で認められる範囲で、ユーザーまたは登録申請者の権利(アクセス権、削除権等)の請求があった場合は、適用される法令等の定める内容に従い、誠実かつ適切に対応するものとします。
5.
個人情報の取り扱いにつきましては、ヤマハ発動機グループのプライバシーポリシーhttps://global.yamaha-motor.com/jp/privacy/ に従って取り扱うものとします。

第5条 (ログインIDとパスワードの取扱い)

1.
ユーザーは、本サービスのログインIDとパスワードの管理、使用について一切の責任を持つものとします。
2.
ユーザーは、ログインIDとパスワードの管理、使用にあたって、端末等へのパスワード設定等の保護措置を施すことで、不正に使用されないよう厳重に管理しなければなりません。
3.
ユーザーは、ログインIDとパスワードが紛失、盗難等により第三者へ漏洩する危険が生じた場合には、直ちにヤマハにその旨を連絡するものとします。また、ユーザーは、自らのログインIDとパスワードが第三者によって不正に使用されたことが判明した場合、又は本サービスの利用に際して本サービスに何らかの異常を発見した場合には、直ちにヤマハにその旨を連絡するものとします。
4.
ユーザーが、本条に記載された管理を怠ったことによるユーザー及び第三者に対する損害等に関してヤマハは一切の責任を負いません。
5.
ログインIDとパスワードは、ユーザーのみに利用を許可するものとし、これ以外の第三者に使用させたり、譲渡、貸与、名義変更、質入れしたりすることなどはできません。

第6条(変更の届出)

1.
ユーザーは、名称、住所(又は所在地)、電話番号、FAX番号、電子メールのアドレスなど、申請内容に変更が生じた場合には、ヤマハに遅滞なく通知するものとします。
なお、当該通知がなされなかったことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、ヤマハは、ユーザーに対し一切責任を負わないものとします。
2.
ユーザーの異動、退職が生じた場合には、ヤマハに遅滞なく通知するものとします。なお、当該通知がなされなかったことにより、ユーザーが不利益を被ったとしても、ヤマハは、ユーザーに対し一切責任を負わないものとします。

第7条 (設備等)

ユーザーは、本サービスを利用するために必要なコンピュータ、通信機器、電話回線その他全ての機器設備を、自己の責任と費用負担において、準備し設置するものとします。

第8条 (本サービスの利用料金)

ユーザーは、ヤマハが別途定めない限り、本サービスを無償で利用できるものとします。

第9条 (産業財産権等の帰属)

1.
ヤマハが本サービスを通じてユーザーに提供する資料、情報、図面、文書およびソフトウェア等(以下「資料等」という。)に含まれる発明、考案、意匠、著作、ノウハウ、アイデア等(以下「発明等」という。)はすべてヤマハに帰属するものとします。
2.
発明等について産業財産権を受ける権利、およびこれにもとづいて取得される産業財産権、ならびに資料等にかかる著作権は、すべてヤマハのみに帰属するものとします。

第10条(ソフトウェアの取扱)

1.
ユーザーはヤマハが本サービスを通じてユーザーに提供する産業機器搭載用のソフトウェア(以下「本ソフトウェア」という。)に関し、著作権、特許権、実施権、使用権その他何らの権限をも取得しないものとします。
2.
ユーザーは、本ソフトウェアの改変、翻案、変更、複製、逆アセンブル、逆コンパイル等を行ってはならないものとします。
3.
ユーザーは、本ソフトウェアを記録した媒体を、ヤマハが指定する者以外の第三者に譲渡、貸与もしくは占有の移転をしてはならないものとします。

第11条 (秘密保持)

ユーザーは、本サービスの利用に際して知り得たヤマハの営業上、技術上その他の一切の機密について、一切第三者に漏洩してはならないものとします。ただし、次の各号のいずれかに該当するものについては、この限りではありません。

(1)
ヤマハから開示を受け、または知得した際、既に自己が保有していた情報。
(2)
ヤマハから開示を受け、または知得した際、既に公知となっている情報。
(3)
ヤマハから開示を受け、または知得した後に、自己の責に帰し得ない事由により公知となった情報。
(4)
正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を伴わずに知得した情報。
(5)
ヤマハから開示された情報によることなく独自に開発・取得した情報。
(6)
書面により事前にヤマハの同意を得た情報。

第12条 (ヤマハによる本サービスの利用取消等)

ヤマハは、ユーザーが次のいずれかに該当すると判断した場合、ユーザーへの事前の通知なしに、当該ユーザーにつき本サービスの利用の一時的停止又は本サービスの利用取消を行うことができます。

1.
利用申込内容に虚偽があったことが判明した場合
2.
IDとパスワードを不正に使用した場合
3.
本サービスの運営を妨害した場合
4.
本規約のいずれかに違反した場合
5.
その他ヤマハが不適当と判断した場合

なお、ユーザーの行為によってヤマハが損害を被った場合には、ユーザーは、ヤマハが被った損害を賠償するものとします。

第13条 (利用中止)

ユーザーが本サービスの利用を中止する場合には、ヤマハに中止の旨を届け出るものとします。

第14条 (提供中止)

1.
ヤマハは、ユーザーの承諾なくして本サービスの提供を中止することがあります。
提供の中止は、本サービスにおいて発表し、電子メール等の手段を通じてユーザーに対して通知します。
2.
前項に基づく本サービスの提供中止により、ユーザーが損害を被った場合でも、これに関しヤマハは、一切責任を負わないものとします。

第15条 (損害賠償)

本サービスの提供に関し、ユーザーが損害を受けた場合でも、ヤマハの責に帰すべき事由なき限り、ヤマハはユーザーに対し、一切の責を負わないものとします。

第16条 (残存条項)

ユーザーは、本サービスの終了の後といえども、本規約第4条第4項、第6条、第9条、第10条、第11条、第12条、第14条第2項、第15条、第17条、第18条、及び第19条の規定を遵守しなければならないものとします。

第17条 (準拠法および合意管轄)

1.
本規約の効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。
2.
本規約に関連して、当事者に争いが生じた場合には、双方当事者の誠実な協議によって解決するものとします。当該協議によっても、合理的期間内に解決まで至らなかった場合、ヤマハの本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意します。

第18条 (言語)

本規約は、日本語によって作成,締結、および実施されるものとします。本契約が日本語以外の言語に翻訳されたものについては、お客様による参照を目的としてのみ用いられるものとします。

第19条 (協議事項)

本規約に定めなき事項、または本規約の条項の解釈に疑義が生じた事項については、ヤマハ及びユーザーは、信義に従い誠実に協議のうえ、これを決定するものとします。

以上

利用規約を全てご確認いただき、同意のチェックをお願いいたします。
※最後までスクロールしてお読みいただくと、同意のチェックが可能となります。

※ 登録には事前審査がございますので、あらかじめご了承ください。

関連コンテンツ

ページ
先頭へ