本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

電子部品実装関連機器・マウンター

インテリジェントファクトリー YSUP

IoT/M2M統合システム ― 当社SMT機器を中心に他社機器の連携まで可能とし、SMT工場のデジタルツイン化を強力に推進して実装工程の生産性を高効率で総合的に実現

簡単プログラミング
プログラミング&スケジューリングパッケージ

簡単データ変換(YSUP-PG)

さまざまなデータから簡単操作で基板データを生成。検査機データ形式への直接変換も可能。

3Dグラフィックスを用いたプログラミング (YSUP-PG)

UI刷新によりデータ作成を大幅に効率化。

リアルタイム描画

変更内容が即時にグラフィックへ反映され、間違いのない部品データ作成を実現。

3Dグラフィックス

基板データを3D表示することで、部品搭載状態を分かりやすく表示。

実装シミュレーション

基板設計情報から仮想基板を表示し、実搭載前に基板データの異常をチェック。
※ 基板設計情報:ガーバデータ, ODB++ 等

マルチモニタ対応

2画面を同時に表示し、快適な操作性を実現。

効率的な生産を可能とする基板データ最適化

類似基板を自動判別し、最小段取になるグループに自動的に分割(共通部品から基板類似度を計算)

部品セット位置や搭載順序を最適化し、効率的な生産を実現。複数の基板データから基板面、リフロー条件、はんだ種類などの詳細条件も考慮して、最適な段取りグループや生産順序などを立案することも可能。

従来製品(併売)

P-Toolマウンター、印刷機、検査機に対応

最適化

データ変換(ASCII変換)

グルーピング

ビジュアルエディタ

P-Tool Eco印刷機・ディスペンサー専用

印刷機・ディスペンサー向けに機能を絞り込んだ廉価版P-Tool。

P-Tool AOI検査機専用

検査機向けに機能を絞り込んだ廉価版P-Tool。

スマートオペレーション
生産支援パッケージ

誤段取り防止

部材照合 (YSUP-MI)

部材照合により、誤段取りによるトラブルを未然防止。

外段取りナビゲート (YSUP-ST)

外段取りの際、台車への部品取り付け手順をナビゲート。PCと台車を接続することで、マシン同等の部材照合環境を構築可能。

ランク管理 (YSUP-ST / YSUP-MI)

LED部品のランク照合により、ランク分け実装をサポート。

部材期限管理 (YSUP-ST / YSUP-MI)

ハンダやMSDなど使用期限管理が必要な部品に対して、実際の使用時間をチェックし、誤使用を防止。

残数管理

残数カウンタ (YSUP-MI)

部品の残数を管理することで、部品が切れる前に部品補給の準備が可能。また、部品切れ警告に合わせてスプライシング作業を行うことで、マシンの運転停止時間を大幅に削減。

WEB部品残数モニタ (YSUP-MT)

大型モニタやタブレットで、どこでもライン全体の部品残数状況を確認。オペレーターの部品補給作業の効率化をサポート。

従来製品(併売)

誤段取り防止

外段ナビ(S-Tool)

段取りベリファイ(ITオプション)

部材期限管理(S-Tool、ITオプション)

ランク管理(S-Tool、ITオプション)

残数管理

部品残数モニタ(M-Tool)

残数カウンタ(ITオプション)

リアルタイム生産分析
モニタリングパッケージ

ライブダッシュボード (Live Production Dashboard)

生産フロアやラインの稼働、品質状況を見える化し、生産の異常や問題に、すぐに気づける環境を提供。

分析ダッシュボード (Production Analytics Dashboard)

生産ライン全体における稼働率の低下や品質問題を分析し、不具合の原因特定をサポート。ラインの稼働率や品質改善を促進。

トレーサビリティ
トレーサビリティパッケージ

生産履歴検索 (T-TOOL)

過去のすべての生産履歴を保存することで、適切なトレーサビリティ環境を実現。不良発生した部品の対象ロットが搭載されている基板などを簡単、迅速に特定。

全画像保存 (All Image Tracer)

マウンターの部品認識画像すべてを生産へのストレス無く、オンタイムで保存。実装品質の分析を強力にサポート。

リモートメンテナンス
メンテナンスパッケージ

遠隔保守サービス

ヤマハサービスエンジニアが遠隔操作でトラブル解決。ダウンタイムの短縮&生産ロスを低減。

ライン診断サポート

遠隔保守サービスを用いて取得した生産履歴ログデータを見える化。
ヤマハエンジニアがライン全体のロス分析を行い、より効率的な生産をサポート。

1. 生産ログ取得

遠隔保守サポートの機能を使い生産ログを取得

2. ダッシュボード活用

生産ログを見える化/生産ロス分析

3. マシン稼働レポート共有

お客様へフィードバック/ロス低減をサポート

4. 対策・予防

アフターサービスメニュー提案
有償メンテナンス/定期メンテナンス

フレキシブルM2M
M2M&ソリューション

自動段取り切替

指示書や基板のバーコードをスキャンし、ライン全体の基板データやコンベア幅を自動的に切り替え。データの選択ミスを防止し、段取り作業を効率化。

印刷機←→SPI連携

印刷機とSPIを連携し、印刷時のハンダずれをフィードバックして高い位置合わせ精度を確保。

マウンター←→AOI連携 (QAオプション)

不良が発生した部品を搭載したマウンターのヘッドを特定し、早急な吸着位置や認識状態の確認を実現。
不良を発生させ続けない生産ラインを構築。

各工程での画像同時表示 (N点照合)

各工程毎の画像や生産状況を同時に表示することで、 不具合を発生させた工程を迅速に特定し、生産工程の品質向上をサポート。

IoTプラットフォーム

各種MES・クラウド・上位ホスト連携
※詳細はお問い合わせください。

関連コンテンツ

ページ
先頭へ