本文へ進みます

スズキのしそ揚げ

大葉とゆかりといった、しそ尽くしで楽しむスズキ料理です。

夏の魚Summer

スズキ3月~12月にかけてとれる。旬は7月~10月。

スズキ

各地の沿岸部に広く生息し、さまざまな釣り方で狙える 釣りの好対象魚です。
言わずと知れた海のルアーフィッシングの王様で、ルアーの世界ではシーバスと呼ばれています。
成長に従い名前の変わる出世魚のひとつで、幼魚をセイゴ、2~3年子をフッコ(東海あたりではマダカ)、そして長くて約4年で晴れてスズキとなります。
口が大きく、背部は暗青色。エラはカミソリのように良く切れるので注意が必要です。
夏の白身としては一級品で塩焼、すし種、椀種、洋食など、いろいろな料理の素材になります。

スズキのしそ揚げ

スズキのしそ揚げ

大葉とゆかりといった、しそ尽くしで楽しむスズキ料理です。夏にあっさり目に食べたいときに良く合います。

材料 ……(2人分)
  • スズキ…2切れ
  • 塩…少々
  • 小麦粉…適宜
  • 卵白…4個
  • 大葉…10枚
  • サラダ油…適量
  • ニンジン…適宜
  • しめじ…適宜
  • 塩…少々
  • ゆかり…少々

作り方

スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
1.頭を落とし腹ワタをかきだす
ウロコを引いた後、胸ビレのつけ根から身の半分まで包丁を入れ、反対にして同様に包丁を入れて頭を落とす。
腹の下に頭側からしっぽに向けて包丁を入れて、腹ワタをきれいにかきだす。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
2.3枚におろす-1
尾に切り込みを少し入れ、そのまま背の方から骨に沿って包丁を入れていく。最初は浅く入れてだんだんと深く包丁を入れていき、切り落とす。これで2枚おろし。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
3.3枚におろす-2
2枚におろした身の骨のついた方を皮目を上にして、尾に切り込みを入れ骨に沿って中骨まで切っていく。
背の方を手前にして同様に骨に沿って中骨まで切っていく。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
4.3枚におろす-3
中骨まで包丁を入れた身を骨のほうを上にして、尾の方から骨に沿って包丁を入れ、一気に切り落とす。これで3枚おろし。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
5.腹骨を落とす
最後に3枚におろした身の腹骨をそぎ落として出来上がり。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
6. 野菜を切ってゆかりと塩をすり鉢でする
スズキにつける大葉は細かい千切りに、一緒に添えるニンジンは拍子切り、しめじは適当な大きさに切る。スズキを食べる時につける付け塩を、ゆかりと塩をすり鉢ですって作る。
むらなく綺麗に混ざったら出来上がり。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
7. 下準備をする
3枚におろしたスズキを3~4cmの切り身にして塩をふり、小麦粉をはたき、卵白にくぐらせてから、刻んだ大葉をつける。
ニンジンとしめじは小麦粉をはたいておく。
スズキのしそ揚げの作り方
スズキのしそ揚げの作り方
8. 揚げる
下準備したスズキと野菜を、160℃くらいに熱したサラダ油で揚げる。
大葉の緑色が変色してしまわないように、良く見ながら揚げる。
スズキのしそ揚げの作り方
9. 仕上げ
カラっと揚がったスズキとニンジン、しめじを器に盛り、ゆかりの付け塩を添えたら出来上がり。
身がホクホク、プリプリの熱いうちにどうぞ!
ページ
先頭へ