本文へ進みます

紅葉に染まった能登半島を堪能!! 砂浜も走ったよ!!第12回「VMAXオーナーズミーティング」

2015年11月5日
こんにちは、ヤマハ発動機販売の山崎です。

日本で唯一!砂浜を車やバイクで走れる海岸があるってご存知ですか?夏場は海水浴で賑わう砂浜ですが、千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ(石川県羽咋市)というのがあるのです。それを知ってバイクで千里浜を走ってみたいとず~~っと思っていました。実はそれが実現したのです。

10月31日(土)、第12回「VMAXオーナーズミーティング」を能登ロイヤルホテルで開催し、東は青森県、西は鳥取・和歌山県の方までVMAX31台、タンデムで来場を含め36人にご参加いただきました。このイベントの中で千里浜を走るミニツーリングをやってみました。

この時期にしては暖かい日が続いていたのですが、開催日の前日から急に冷え込み、天気も北陸エリアだけ雨となり、みなさん遠くから無事に到着できるか心配していました。雨と寒さの中、無事に到着、遠路はるばるお越しいただきましてありがとうございました。

はじめての北陸での開催に、山形、新潟、富山、岐阜、兵庫など日本海に面したエリアから多く参加いただきました
↑はじめての北陸での開催に、山形、新潟、富山、岐阜、兵庫など日本海に面したエリアから多く参加いただきました。

雨のためにマシンを囲んでのVMAX談義はできませんでしたが、ホテルの中でみなさん熱く語っていました
↑雨のためにマシンを囲んでのVMAX談義はできませんでしたが、ホテルの中でみなさん熱く語っていました

ランチミーティングでは開発者とオーナーさんの親睦をはかり、食事を楽しみながらゆったり時間を過ごしていただきました。その後は株式会社GKダイナミックス代表取締役社長 一條厚氏によりフランスで行われた「VMAX30周年インターナショナルミーティング」の報告会、ヤマハ発動機のアニメ「マスターオブトルク外伝」の上映、VMAXのデザイン画抽選会などを行ないました。

開発者が各テーブルに入り、ゆっくりとお食事を楽しんでいただきました。VMAXのデザイン画を抽選会で6名の方にプレゼントしました。
↑開発者が各テーブルに入り、ゆっくりとお食事を楽しんでいただきました。
VMAXのデザイン画を抽選会で6名の方にプレゼントしました。

VMAX30周年インターナショナルミーティング
↑「VMAX30周年インターナショナルミーティング」の報告では、ほぼヨーロッパ全域から参加、アメリカやオーストラリアの参加者はVMAXを船で運んで来場、26カ国約150台もの新旧VMAXが集合したそうです。女性のオーナーも数多く参加し、華やかで楽しいミーティングだったようです。「40周年のときは日本からも参加しようじゃないか」と一條氏。

完成したばかりのアニメ「マスターオブトルク」スピンオフ作品の上映
↑完成したばかりのアニメ「マスターオブトルク」スピンオフ作品の上映。VMAXのセカンドバイクにMT-25の注文も忘れずにと、オチがつきました。

午後からは心配していた雨も上がり、いよいよ千里浜までのツーリング。にわか勉強なのですが、なぜ千里浜が車で走れるのかというのは、砂のきめ細かさにあるそうです。海水を含んだ一粒一粒の砂が引き締まり固くなって、タイヤの細いロード自転車でさえも走れるというからビックリです。VMAXのタイヤが食い込まないか心配な方もいらっしゃるでしょう。でも大丈夫でした。大型バスも走っていましたから。またここは美しい夕陽のポイントでも有名です。能登半島の西側に面した海岸なので海に夕陽が沈みます。私達が到着し、記念写真を撮っている間に夕暮れにさしかかりました。暮色に映えるVMAXも素敵でしたよ。

VMAX31台が隊列を組んで走りました

VMAX31台が隊列を組んで走りました
↑会場から千里浜までは約30分。秋も深まりすっかり色づいたもみじの中をVMAX31台が隊列を組んで走りました。すれ違うドライバーや道行く人々の目を釘付けにするほど迫力がありました。

千里浜でのVMAX走行の様子
↑千里浜でのVMAX走行の様子。オーナーズミーティングの前日は波が高くて走行できず心配しましたが、当日はこのように走ることできました。焼きハマグリ屋の店主に聞いたのですが、月に4~5回走行できない日もあるようです。荒ぶる日本海をみながらの千里浜ツーリングは最高でした。

千里浜は8kmにわたる観光道路なので、ルールを守って走行することが大切です

千里浜は8kmにわたる観光道路なので、ルールを守って走行することが大切です

千里浜は8kmにわたる観光道路なので、ルールを守って走行することが大切です

千里浜は8kmにわたる観光道路なので、ルールを守って走行することが大切です
↑千里浜は8kmにわたる観光道路なので、ルールを守って走行することが大切です。

海に沈む夕日を見ることができ感無量でした
↑海に沈む夕日を見ることができ感無量でした。

千里浜の駐車場で海をバックに記念撮影

千里浜の駐車場で海をバックに記念撮影
↑千里浜の駐車場で海をバックに記念撮影

10月は徳島県の鳴門でVMAXオーナーズミーティングを開催し、2度目となるミーティングでした。今回は天候が不安定の中でのイベントとなりましたが、ツーリングの時間帯はなんとか雨も降らずに、みなさんに楽しんでいただけました。ミーティングを通じてオーナーさん同士が仲良くなり、交流も盛んに行われているようです。ランチミーティングの時に一條さんがおっしゃっていた同じVMAXに乗っているというだけで、ヨーロッパでは言葉が通じなくても仲良くなれる。私はみなさんを見ていて、日本でも全く同じだと思いました。
参加者に感想をお聞きしました。
「はじめて来ましたが、みなさんとすぐに打ち解け情報交換でき、楽しい一時でした」「一條さんが話された欧州でのVMAXにかけるに情熱に驚き、刺激されました。次の40周年には日本からも参加したいですね」「一度は来てみたいと思っていた千里浜でみんなと走れて最高でした」「午後のツーリングでは、多くのVMAXで走ることができ感動しました」「同じバイクVMAXに乗っているというだけで、ここまで仲良くなれる、素晴らしいですね」などたくさんの感動の言葉をいただきました。参加いただきましたオーナーさん、ありがとうございました。


2015年11月5日
ページ
先頭へ