本文へ進みます


定期交換部品

2015年11月9日

安全運転の確保に必要な定期交換部品の整備

車の走行距離や時間の経過に伴い、損耗、劣化が進む部品の中には外観的に異状がなくても、まだ使用できるかどうか判断しにくい部品があります。

定期交換部品

表の部品は、安全運転を確保していただくために、定期的に交換することをヤマハが独自に設定しています。 指定の時期になりましたら、これらの部品を必ず交換していただくよう、お願いいたします。 交換にあたっては、ヤマハ販売店でご相談のうえ、交換してください。 この定期交換部品の整備は、お客様の責任と費用のご負担によって、実施していただくものです。

定期交換部品名 交換時期 備  考
自家用
ブレーキ装置
 ブレーキ液
2年毎
 マスタシリンダカップおよび
 ディスクキャリパのシール
初回5年目
以降4年毎
 ブレーキケーブル 初回3年目
以降2年毎
動力伝達装置
  トランスミッションオイル
   
初回1,000kmまたは1か月目
以降6,000km毎
2サイクル車
(スクータを除く)
 ドライブシャフトオイル 初回1,000kmまたは1か月目
以降10,000km毎または4年毎
スクータのファイナルギヤ
オイルを含む
 ドライブVベルト
 エアクリーナエレメント
20,000km毎
 クラッチマスタシリンダ
 カップ
初回5年目
以降4年毎
 クラッチ液 2年毎
 ドライブVベルト 20,000km毎 ノーマル使用車
10,000km毎 シビアコンディション使用車
エンジン
 エンジンオイル
  
初回1,000kmまたは1か月目
以降10,000km毎または1年毎
251cm3以上の水冷車
初回1,000kmまたは1か月目
以降6,000km毎または1年毎
126cm3から250cm3の水冷車、ドライサンプの空冷車、オイルクーラー装備の空冷車、51cm3以上のスクーター水冷車(YP250、CP250、YP400Gを除く)
初回1,000kmまたは1か月目
以降5,000km毎または1年毎
YP250、CP250、YP400G
初回1,000kmまたは1か月目
以降3,000km毎または1年毎
125cm3以下の水冷車、50cm3のスクーター水冷車、50cm3以上のオイルクーラー未装備の空冷車
初回1,000kmまたは1か月目
以降2,000km毎または1年毎
T50N
初回1,000kmまたは1か月目
以降1,000km毎または1年毎
T90N
オイルフィルタ 初回1,000kmまたは1か月目
以降30,000km毎
251cm3以上の水冷車
初回1,000kmまたは1か月目
以降18,000km毎
126cm3から250cm3の水冷車、ドライサンプの空冷車、オイルクーラー装備の空冷車、51cm3以上のスクーター水冷車(YP250、CP250、YP400Gを除く)
初回1,000kmまたは1か月目
以降15,000km毎
YP250、CP250、YP400G
初回1,000kmまたは1か月目
以降9,000km毎
125cm3以下の水冷車、50cm3のスクーター水冷車、50cm3以上のオイルクーラー未装備の空冷車
エアクリーナエレメント
(ビスカスタイプ)
20,000km毎
冷却水 初回5年目以降2年毎

ブレーキ液の交換のおねがい

ブレーキ液は空気中の水分を吸収します。水分を多く吸ったブレーキ液は、ブレーキの熱で沸騰しやすくなったり、ブレーキ部品を錆させることで、ブレーキ性能を損なうおそれがあるため、2年毎の定期交換が必要です。

graph_001.gif

銘柄の異なるブレーキ液を使用すると、ブレーキ装置の故障の原因となることがありますのでヤマハブレーキフルードBF-4(DOT4)を、ご使用ください。
くわしくは、ヤマハ販売店にご相談ください。

ブレーキホースの交換のおねがい

ブレーキホースは、保安上重要なゴム部品です。長期間使用するにつれ、疲労や老化が避けられません。特に、内部からの劣化は判定が困難なため、長期間使用したものは4年を目安に交換してください。
くわしくは、ヤマハ販売店にご相談ください。

燃料ホースの交換のおねがい

一般的にゴム部品は古くなると硬くなり、もろく切れやすくなります。燃料ホースは、ガソリンが入ったまま長期間放置されると、ホース内の劣化したガソリン成分がゴムの性質を変化させ、ホース内面を硬化させて劣化を促進させますので、4年を目安に交換してください。(フューエルインジェクション車を除く)
くわしくは、ヤマハ販売店にご相談ください。

2015年11月9日
ページ
先頭へ