本文へ進みます

次に、アメリカで、世界で活躍するのはキミだ!? 寒い雨の中、ドロドロになりながら、bLU cRUアカデミー開催しました

2017年4月5日

みなさん、こんにちは。ヤマハ発動機販売・加藤です。
先日4月1日(土)スポーツランドSUGOにて、みぞれまじりの雨の中、「bLU cRU(ブルークルー)アカデミー」を開催し、10代から40代の「YZシリーズ」のライダーが参加くださいました。

吐く息が白いほどの寒さ

↑吐く息が白いほどの寒さ。ホントに4月になったの?? って感じでした

雨

↑雨......

↑雨2

↑雨......

雨! 人はささずとも、マシンに傘

↑雨! 人はささずとも、マシンに傘!

「bLU cRUアカデミー」はモトクロス地方選手権で上位入賞を目指すヤマハオフコンペモデル「YZシリーズ」のユーザーさん向けのスクールで、今回は4月16日に開幕する東北モトクス選手権参戦を視野に入れた講義内容でした。

講師は、元ヤマハファクトリーライダー

↑講師は、元ヤマハファクトリーライダー・増田智義さん(中央)。みなさんが身体の力を抜いて、安心してトレーニングに励めるよう、なごやかな雰囲気を作ってくれます。
また、国際ライセンス所持の2人のライダーも駆けつけてお手本を見せたり、アドバイスくださったりサポートしてくれました。

それにしてもかなりのマディコンディション

↑それにしてもかなりのマディコンディション

日本は雨が多いから、こういうコンディションほど練習にうってつけ

↑増田先生いわく「日本は雨が多いから、こういうコンディションほど練習にうってつけ!」

増田先生

↑「ロードは、雨が上がればすぐに路面は乾きますが、オフロードは雨が止んでも、路面コンディションはウエットのまま、というコトが少なくないですからね!」(増田先生)雨男の言い訳にしか聞こえません......

コーナリング

↑効果的にタイムアップを図れるのが「コーナリング」ということで

基本が学べるフラットな最終コーナー

↑基本が学べるフラットな最終コーナー

アップダウンの4番ポスト付近

↑アップダウンの4番ポスト付近

そして複合コーナーのヨーロピアンセクションを使って、トレーニングに励みました

↑そして複合コーナーのヨーロピアンセクションを使って、トレーニングに励みました

分かりやすくていねいな指導

↑「思っているよりも早めにコーナー進入のアクションを始めて寝かし込み、コーナリング中は、我慢しながら遊び程度にアクセルをじんわり開けて。立ち上がりは思い切り行こう」などと、参加者のレベルや目標に合わせて、分かりやすくていねいな指導が行われました

そして肝心のレッスン。

その1 増田先生のポイントをおさえたアドバスを聞く

先輩ライダーのお手本を目の前で見る

その2 先輩ライダーのお手本を目の前で見る

自分で実際にやってみる

その3 自分で実際にやってみる

一人ずつに丁寧に指導

↑マシンや、そのセッティング具合によってアクセル開度の感触が異なるので、コーナー旋回中のアクセルの開け方は、これくらいという感触を一人ずつに丁寧に指導など、懇切丁寧

後半は、本番さながらのスタートの練習も

↑後半は、本番さながらのスタートの練習も

元ヤマハファクトリーライダー・増田先生

↑5秒前の表示が出された後、どのタイミングからどう集中力を高めて、スタートに臨むと最適なのか、元ヤマハファクトリーライダー・増田先生ならではの経験談も交えたコツが伝授されました

お昼休憩中

↑お昼休憩中や

レッスンの合間に疑問をぶつける様子

↑レッスンの合間に疑問をぶつけると、そのライダーに適した答えがすぐにかえってくるのが「bLU cRUアカデミー」の特徴であります

参加された方に、ちょっと感想を聞いてみましたよ。

2016年シーズン東北モトクロス選手権NBクラスのチャンピオン

↑2016年シーズン東北モトクロス選手権NBクラスのチャンピオンでMFJ全国大会NBクラス2位の阿部佑基さん(左・高校2年生・YZ250と、同選手権J85クラスランキング2位の阿部晴基さん(右・中学3年生・YZ85LW)兄弟

佑基さん

佑基さん:
「一人ひとり、その人の乗り方をよく見て指導してくれるのがいいですね。コーナーを上手く曲がれるようになった手応えを感じており、全体的にタイムを上げていけそうです。今シーズンはNAクラスに上がりますが、そこでもチャンピオンを目指します。そしていつの日かYAMAHA FACTORY RACING TEAMの渡辺祐介選手みたいなライダーになりたいです」

晴基さん

晴基さん:
「コーナーの進入タイミングから、コーナリング中のアクセルワークなど、細かいところを教わって、とても勉強になりました。コーナーに一緒に行って、その場で教えてもらえるのでとても分かりやすい。ライバルと一緒に学ぶ機会は、負けたくない気持ちがわき上がって、気が引き締まります。今シーズンはNBクラスでチャンピオン目指します」

2016年シーズン東北モトクロス選手権J85クラスランキング

↑2016年シーズン東北モトクロス選手権J85クラスランキング15位の門岡一沙さん(右・中学1年生・YZ85LW)と、同選手権OP65クラスチャンピオン門岡慈英さん(左・小学5年生・YZ85LW)。兄弟そろって東北の先輩ライダー、渡辺祐介選手と成田亮選手が憧れだそうです

一沙さん

一沙さん:
「マディコンディションは苦手だったのですが、増田さんにやさしくていねいに教わったことで、前よりも少し好きになれた気がします。どこまでアクセルを開けていればいいのか、コーナー進入のタイミングが分からなかったので、質問したところ、分かりやすく教えてもらえました。今年もJ85クラスへのエントリーですが、表彰台獲得を狙います」

慈英さん

慈英さん:
「コーナリング中、アクセルをどれくらい開けておくのか、また、進入手間のブレーキングなど、今まで分からなかったこと、難しかったことを教わることができました。今シーズンはJ85クラスにステップアップするので、まずは6位入賞を目指します」

モトクロスの魅力

↑モトクロスの魅力は、「今までできなかったことができるようになること。でも、できるようになるまでたくさん時間がかかるんですけどね」と話す穂苅彩香さん(左・高校2年生・YZ85LW)。将来は、保育士さんをしながら、モトクロスをずっと続けて行きたいそうです。妹の穂苅愛香さん(右・中学1年生・YZ85LW)も、モトクロスを続けながら、薬剤師になりたいそうです。「ジャンプやアクセルを開けて行くことが気持ちいい!」と怖いもの知らず

彩香さん

彩香さん:
「コーナー進入があまり得意でなかったけれど、昼休み中に増田さんにコツを聞けたので、これから意識していきたいですね。今シーズンは全日本モトクロス選手権レディースクラスの関東大会、SUGO、そして中国大会に出場予定ですが、同期の子がすでにポイント獲得しているので、追いつきたい。まずは気持ちの面で彼女に勝たないと! あと、つい力んでしまうので、力を抜いて走ろうと思います」

愛香さん

愛香さん:
「おねちゃんの影響で、気づいたらモトクロスをやっていました。今シーズンから全日本モトクロス選手権レディースクラスに参戦します。まずは予選突破目指してがんばります」
元々モトクロスをやっていたという彩香さん・愛香さんのお父さんによると「娘たちが中学・高校生になっても、家族そろって取り組めるスポーツとして、モトクロスを始めた」そうですよ!

小笠原大貴さん

↑2016年シーズン全日本モトクロス選手権や関東・東北選手権のJXクラスで活躍、今季からYZ250Fに乗り替えて東北選手権NAクラスのチャンピオンを目指す小笠原大貴さん(高校1年生・YZ250F)。
「YZ250Fに乗るのは、今日でまだ6回目ですが、良いペースで開けて行けました」

小笠原さん

小笠原さん
「2歳半から始めたモトクロスですが、全然飽きませんね。自分の限界が見えないというか、もっともっと速くなれる余地がある。
今回コーナー立ち上がりの重要性を学ぶとともに、技術的なことだけでなく、メンタル面でも勉強になりました。
走っていると、ついつい熱くなり過ぎて自分を見失ってしまうことがありますが、今日は自分の感情を復習しながら、冷静に乗れた気がします。
将来はアメリカを拠点に世界で活躍するモトクロスライダーになりたい。華麗なジャンプやコーナリングスピードで観客を魅了したいです」

チャレンジしたい夢がある、目標がある......っていいですね。がんばる姿にこちらまで元気になってしまいます。
2週間後の東北モトクロス選手権初戦でのみなさんの活躍に期待です!

bLU cRU アカデミー

「bLU cRU アカデミー」は、「YZシリーズ」のアマチュアライダーのみなさんの「上達したい!」「速く走りたい!」という気持ちに真剣に向き合い、サポートするプログラムです。「最近伸び悩んでいる......」「一段とスキルをあげたい!」など、やる気&向上心がある方なら大歓迎!ぜひ、シーズン序盤で参加してみてくださいね。

【2017年今後の予定】
■4月15日(土)オフロードランド美杉(三重県津市美杉町上多気1916)
※1次締め切りは4月4日(火)。現在2次募集中
■4月29日(土)オフロードヴィレッジ(埼玉川越市中老袋150-1)
※1次締め切りは4月18日(火)
申し込みは:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/blucru/event/academy.html
参加費:bLU cRU会員:3,000円、非会員は5,000円
※いずれも税込・昼食代・保険代込

詳細はwebにてご確認ください!

「bLU cRU fes. @ 爺ヶ岳」

また、ヤマハエンデューロモデルのユーザーさん向けのお祭りイベント
「bLU cRU fes. @ 爺ヶ岳」を10月9日(月・祝)に開催予定ですので、こちらもお楽しみに!


【関連リンク】
・ bLU cRUサイト
・ 2016年の「bLU cRUアカデミー」の模様
・2016年の「bLU cRU fes. @ 爺ヶ岳」の模様

2017年4月5日
ページ
先頭へ