本文へ進みます

法人購入のメリット

福利厚生やビジネスツールとしての利用方法をご紹介します。

MENU

ボートは、短期間で費用計上できます。
(総トン数20トン未満の場合4年償却)

一般的なモーターボートの耐用年数(減価償却費)は4年間ですので、短期間で損金として計上できます。(※会社の経営状況により変化する場合があります)

固定資産の償却率

一般的なサポート 耐用年数 償却率
定額法(年率) 定率法(年率)
4年 0.250 0.500

貴社にとって大きな償却メリットがあります

ボート購入に関わる費用

1)イニシャルコスト
・船体(エンジン・備品・装備品一式含む)
・法定検査(含代行料)
・運送費
・オプション(航海計器他)
・マリーナ費用(申込金・預り金・船台)
・ボート免許取得受講料
2)ランニングコスト
・マリーナ年間保管料
・運航契約料
・法定検査(含代行料)
・ボート総合保険
・燃料代(リットル×時間×日×円)
・メンテナンス料

福利厚生だけでなく、資産形成にも役立つリースがお勧め

リースのメリット

  • リース料は経費処理することができます。
  • 事務手数を大幅に軽減できます。
  • 資金が有効に使えます。
  • 銀行の借入枠は手付かずで残ります。
  • 固定資産に計上しなくてすみます。
  • 船体保険・対人対物保険を含めることができます。
  • ボートのリース期間は(法定耐用年数4年)→2年~5年の範囲で任意に設定できます。

買取選択権付きリースアップの場合、リース満了後の買取が可能

リース終了後の艇を優先的に買取いただくことができます。経営者の資産形成にお役立ていただけます。

月額リース料(物件価格1458万円、前払リース料30%、残価20%の場合)

リース期間 月額リース料
3年(36回) 275,400円
4年(48回) 221,400円
5年(60回) 189,000円
金額は消費税込(8%)表示です。
リース料にはボート保険料を含みます(三井住友F&Lの場合)。
本リース料は概算であり実際に契約される際は契約時の金融事情によって調整させていただく場合がございます。また、上記はリース会社のコミットメントではございませんので、実際のコミットメントにはリース会社の社内審査が必要になります。
ページ
先頭へ