本文へ進みます

交流を深めたオーナーさんに、革新的なリーン感覚を堪能された試乗者のみなさん。NIKEN/GT EXCLUSIVE試乗会・オーナーズミーティング開催しました

2019年5月29日
みなさん、こんにちは。ヤマハ発動機販売・荒木です。


「NIKEN/GT EXCLUSIVE試乗会・オーナーズミーティング」を東会場(ターンパイク箱根)と西会場(比叡山ドライブウェイ)にて開催しました。

東会場のNIKENオーナーのみなさん
東会場のNIKENオーナーのみなさん

西会場のNIKENオーナーと試乗会に参加されたみなさん
西会場のNIKENオーナーと試乗会に参加されたみなさん

今回のイベントは、「NIKEN」のこれまでにないコーナリング性能と快適さを
今回のイベントは、「NIKEN」のこれまでにないコーナリング性能と快適さを

実際のツーリングシーンで実感いただく試乗会と、
実際のツーリングシーンで実感いただく試乗会と、

NIKENのオーナーさん同士が集い、
NIKENのオーナーさん同士が集い、

開発の方達とも語らい合えるオーナーズミーティングを合わせた内容でした。
開発の方達とも語らい合えるオーナーズミーティングを合わせた内容でした。

事前エントリーでご参加くださったオーナーさんには箸入れ付きの侍箸セットを、試乗に参加された方には侍箸をプレゼント。
事前エントリーでご参加くださったオーナーさんには箸入れ付きの侍箸セットを、試乗に参加された方には侍箸をプレゼント。
なぜ侍箸か? って言いますと、フロント2輪のNIKEN(二剣)から、宮本武蔵の二刀流というイメージつながりですね。

会場では自由に触って跨っていただけるNIKEN/GTに加え
会場では自由に触って跨っていただけるNIKEN/GTに加え

カウリングを外し、LMW機構をしっかり見ていただけるストリップモデルも展示しました。
カウリングを外し、LMW機構をしっかり見ていただけるストリップモデルも展示しました。

場所柄、通りすがりのライダーのみなさんもNIKENに興味津々。
場所柄、通りすがりのライダーのみなさんもNIKENに興味津々。

またNIKENに興味を持たれているみなさんに、もっと詳しく理解いただければと、開発者トークショーを実施。
またNIKENに興味を持たれているみなさんに、もっと詳しく理解いただければと、開発者トークショーを実施。

東会場はNIKEN開発プロジェクトリーダー・鈴木貴博氏とデザイン担当のGKダイナミックス・木下省吾氏が登壇。西会場は同じく鈴木貴博氏とデザイン企画担当のデザイン本部・安田将啓氏が担当しました。
東会場はNIKEN開発プロジェクトリーダー・鈴木貴博氏とデザイン担当のGKダイナミックス・木下省吾氏が登壇。西会場は同じく鈴木貴博氏とデザイン企画担当のデザイン本部・安田将啓氏が担当しました。

開発の着眼点やデザインの狙いなど、とっておきの資料(そのためモザイクをかけさせていただいております...)を用いてNIKENの特徴をわかりやすく説明しました。
開発の着眼点やデザインの狙いなど、とっておきの資料(そのためモザイクをかけさせていただいております...)を用いてNIKENの特徴をわかりやすく説明しました。

トークショーの最後は、質問コーナー。開発スタッフに直接聞けるとあって、幅広い質問が数多く寄せられました。
トークショーの最後は、質問コーナー。開発スタッフに直接聞けるとあって、幅広い質問が数多く寄せられました。

開発陣が舌を巻くような、突っ込んだ質問も。
開発陣が舌を巻くような、突っ込んだ質問も。


【東会場の様子】

東会場では、午前中、イベントが始まるや否や山頂が一時雨に見舞われ、水墨山水画のような濃霧に包まれてしまいました。

予報では、くもりだったのに。さすが変わりやすい山の天気です。
予報では、くもりだったのに。さすが変わりやすい山の天気です。

そんな中、次々に来場されるオーナーのみなさん。
そんな中、次々に来場されるオーナーのみなさん。

SNSで繋がっていて、初めて顔を合わせたというみなさん。フロント2輪のポーズ(!?)で。
SNSで繋がっていて、初めて顔を合わせたというみなさん。フロント2輪のポーズ(!?)で。

どんなパーツをどう使っているかなど、情報交換をするオーナーさん。オーナーイベントの楽しみの一つですよね。
どんなパーツをどう使っているかなど、情報交換をするオーナーさん。オーナーイベントの楽しみの一つですよね。

開発スタッフもオーナーさんの輪に混ざって楽しませていただきました。
開発スタッフもオーナーさんの輪に混ざって楽しませていただきました。

悪天候を前に「NIKENの特徴を体感いただくには、むしろ絶好のコンディション!」と鈴木プロジェクトリーダーは、トークショー冒頭で切り出していましたが
悪天候を前に「NIKENの特徴を体感いただくには、むしろ絶好のコンディション!」と鈴木プロジェクトリーダーは、トークショー冒頭で切り出していましたが

実際にウエット路面で試乗された方から口々に「雨の日の橋の鉄板のつなぎ目はものすごく気を使うのに、何事もないかのように安心して走れました」「試乗の道路に出るまで、歩行者がいるなど、ものすごく低速で移動しなければなりませんでしたが、その時の安定感に驚きました」「フロント2輪の安定性だけでなく、素直なエンジンも良かった」などの感想が寄せられていました。
実際にウエット路面で試乗された方から口々に「雨の日の橋の鉄板のつなぎ目はものすごく気を使うのに、何事もないかのように安心して走れました」「試乗の道路に出るまで、歩行者がいるなど、ものすごく低速で移動しなければなりませんでしたが、その時の安定感に驚きました」「フロント2輪の安定性だけでなく、素直なエンジンも良かった」などの感想が寄せられていました。

午後には雨が上がり、先導付の試乗会ながら実際のツーリングシーンにて
午後には雨が上がり、先導付の試乗会ながら実際のツーリングシーンにて

これまでにない「NIKEN」のコーナリング性能と快適さを体感いただきました。
これまでにない「NIKEN」のコーナリング性能と快適さを体感いただきました。

メディアのみなさんも、取材に駆けつけてくださいました。
メディアのみなさんも、取材に駆けつけてくださいました。

当日の模様はすでに『web オートバイ』さん、『バイクのニュース』さん、『バイクブロス』さんなどに掲載されています。他の雑誌などにも載る可能性がありますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。
当日の模様はすでに『web オートバイ』さん、『バイクのニュース』さん、『バイクブロス』さんなどに掲載されています。他の雑誌などにも載る可能性がありますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

【西会場の様子】

西会場は晴天に恵まれました。と、言うより5月なのに......真夏のような天気となり、山頂と言えど本当に暑かったです。お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。
西会場は晴天に恵まれました。と、言うより5月なのに......真夏のような天気となり、山頂と言えど本当に暑かったです。お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

120名の方が試乗してくださいました。
120名の方が試乗してくださいました。

NIKENのストリップモデルの前で写真を撮ったり、パーツをじっくりと眺めている方々。
NIKENのストリップモデルの前で写真を撮ったり、パーツをじっくりと眺めている方々。

試乗前にはコースや注意事項を説明するブリーフィング。
試乗前にはコースや注意事項を説明するブリーフィング。

安全を配慮したプロテクターやヘルメットの貸し出しも。
安全を配慮したプロテクターやヘルメットの貸し出しも。

試乗コースは勾配のあるワインディングロードの有料道路内で開催。
試乗コースは勾配のあるワインディングロードの有料道路内で開催。

マシンの性能をじっくりとお試しいただきました。
マシンの性能をじっくりとお試しいただきました。

試乗は緑と琵琶湖を臨むコース。天気も良くて最高!!
試乗は緑と琵琶湖を臨むコース。天気も良くて最高!!


西会場の参加者はガーデンミュージアム比叡の入場がフリーパスというおまけ付き。お花と絵画に囲まれた会場は試乗の待ち時間やオーナーさんの癒しの場としても好評でした。
西会場の参加者はガーデンミュージアム比叡の入場がフリーパスというおまけ付き。お花と絵画に囲まれた会場は試乗の待ち時間やオーナーさんの癒しの場としても好評でした。


【オーナーさんのご紹介】
一部ですが、ご参加くださったNIKENオーナーさんをご紹介します。

☆NIKENのために二輪免許を取得!

東会場と西会場、フル参加くださったオーナーさん。
東会場と西会場、フル参加くださったオーナーさん。
「東京モーターショーでNIKENのコンセプトモデルを目にし、こんなバイクが出たら欲しいと思っていました。見た目のデザイン性とフロント2輪の安心感、転びにくそうな安定性にひかれました。発売になると知ってバイクの免許を取りに行きました。NIKENのおかげで、バイクという新しい世界に足を踏み入れることができました」


☆NIKENのために二輪免許を取得! その2

バイク歴2カ月半というオーナーさん。
バイク歴2カ月半というオーナーさん。
「2月20日に納車でした! 以前からバイク乗りの友達に二輪免許をと誘われていましたが、欲しいモデルがなくて......。でもNIKENを目にした時、外側フロントサスペンションがかっこよくて、免許を取ることに。
NIKENには、自分の技量のなさをカバーしてもらっている感じです。乗り降りするときには気を使いますが、フロント2輪の安定感だけでなくエンジン性能含め、初心者こそ安心して乗れるバイクとしてNIKENがいいと思いますよ」

ブルーの塗装は特注、#ニャイケンステッカーは自作だそうです。
ブルーの塗装は特注、#ニャイケンステッカーは自作だそうです。
YSP西東京の中島店長に感化され、気づけばすっかりヤマハ党に。ライディングジャケットの下にヤマハTシャツを着ているほどです」


☆NIKENのために大型二輪免許を取得!

今回のイベントでTwitterでつながっていたみなさんと出会え、バイク仲間の輪が広がったというオーナーさん。
今回のイベントでTwitterでつながっていたみなさんと出会え、バイク仲間の輪が広がったというオーナーさん。
「初めての大型バイクとして、NIKENに不満は一切ありません。むしろ、バイク側がサポートしてくれるので、大型に慣れていない素人でもそれなりに乗れてしまいます。特に横風に強く安定性抜群。安心して乗れるからこそ、楽しめます。"万が一"は絶対にイヤだけど、スポーツ性は楽しみたい。まさに安定感とスポーツ両立のバイクですね」


☆僕自身が営業マン!?

NIKENの侍イメージに合わせたわけではなく、以前から着物愛用者というオーナーさん。
NIKENの侍イメージに合わせたわけではなく、以前から着物愛用者というオーナーさん。
「NIKENの見た目、4本のフロントフォークが僕のハートに刺さりました! 初めての大型LMWという、メーカーが勝負をかけてきたモデルだなと思い購入。
フロントの安定感のおかげで、肩肘張らずに乗れるようになりましたね。おかげで峠を走ったり、長距離ツーリングも行きやすくなりました。
色んな所で色んな人にNIKENのことを聞かれ、色々説明しているので、僕自身が営業マンみたいですよ(笑)」


☆誰も乗ってないバイクだったから

NIKENとカメラが趣味のオーナーさん。
NIKENとカメラが趣味のオーナーさん。
「バイク歴5年でMT-03TRACER900を乗り継いできました。そろそろ新しいバイクにと探していたらフロント2輪のあまり人が乗ってないバイクが出たので、これに決めました。実際に乗ってみるとデザインもいいけど、それ以上に乗り心地いい。シートも豪華で長距離乗っても、全くお尻が痛くならないですし、コーナリングの安定感もいいですね。月に2〜3回お気に入りのカメラとともに、ツーリングに出かけています。購入に迷っている人がいたら乗りやすさと注目度高いよって、教えてあげたい」


☆安全・安心感で選びました

1週間に1回は山道走りに行くというオーナーさん
1週間に1回は山道走りに行くというオーナーさん
「走りは普通の二輪のバイクと変わらないです。それ以上にコーナリングが楽。気軽にフロントブレーキを使えて、横着なライディングになったかもしれません(笑)。段差も全く気にならない。試乗車以外でNIKENが走っているのを見たことがないので、今日は他のオーナーさんのNIKENを見ていきたいです」


☆最初の交差点が決め手!

偶然が重なっての購入です
「偶然が重なっての購入です。立ち寄ったコンビニの隣がYSP船橋で、ちょうどNIKENが店頭に到着したところでした。翌週に試乗できると聞いて、彼女を後ろに乗せて試乗したところ、最初の交差点を曲がった瞬間『あ、安定感が全く違う!』と思い、翌週には購入を決めていました(笑)。
1,300ccバイクからの乗り換えで、重量がほぼ同じなので気にならず。むしろ、フロント2輪の安定感から、以前よりももっとスポーツ走行を楽しめていますよ。それでいて長距離ツーリングは快適です」

開発プロジェクトリーダーもホームページで語っているのですが、交差点で右左折していただくだけでも、今までにないリーン感覚を感じていただけるんですよ!
開発プロジェクトリーダーもホームページで語っているのですが、交差点で右左折していただくだけでも、今までにないリーン感覚を感じていただけるんですよ!


【試乗インプレッション】
NIKENに興味を持ってくださっている方、結構いらっしゃると思います。ぜひ、お近くのNIKEN試乗店でお気軽にご試乗ください。

ご参考までに、今回の試乗くださった方の声を一部ご紹介させていただきます。

◎TRACER900オーナーさん(バイク歴1年3カ月)

「魔法の絨毯に乗っているみたいでした! 試乗はウエット路面でしたが、全く関係ありませんでした。こんな簡単にコーナリングってできてしまうんだっけ?という感じです。NIKENは長距離走行に良さそう。NIKENに興味あり、欲しいなぁと思いますが、エンジンのベースが愛車と同じなので、違うバリエーションの時に考えたいですね」
「魔法の絨毯に乗っているみたいでした! 試乗はウエット路面でしたが、全く関係ありませんでした。こんな簡単にコーナリングってできてしまうんだっけ?という感じです。NIKENは長距離走行に良さそう。NIKENに興味あり、欲しいなぁと思いますが、エンジンのベースが愛車と同じなので、違うバリエーションの時に考えたいですね」


◎スーパースポーツバイクユーザーさん(バイク歴7年)

「父親もバイク乗りで、そろそろ年なので安心して乗れるモデルとしてNIKENはどうかなという気持ちもあって試乗に参加しました。
「父親もバイク乗りで、そろそろ年なので安心して乗れるモデルとしてNIKENはどうかなという気持ちもあって試乗に参加しました。
乗った感じ、違和感が一切ないですね。路面が濡れていましたが、怖さがなく、安心して乗れました。エンジンもよく回ってスポーティな走行感覚。
シート高は、カタログ値では大したことないんですが、細身なので、乗り降りと取り回しが少し不安。慣れだと思います」


◎FZ1 FAZERオーナーさん(バイク歴10年)

「普段4気筒1,000ccに乗っているので、シルキーなエンジンに慣れているのですが、そんな自分にとっても、ものすごくなめらかな走行感覚でした。エンジンが穏やかで、直進安定性が高い。周りの風景を楽しみながらツーリングできそうです。ガタガタしている、路面の悪いところをわざわざ走ってみたのですが、安心して走れました。予想以上にロングツーリングに良さそうなので、試乗する前よりは購買欲がアップ。今後のバリエーション展開に期待しています。」
「普段4気筒1,000ccに乗っているので、シルキーなエンジンに慣れているのですが、そんな自分にとっても、ものすごくなめらかな走行感覚でした。エンジンが穏やかで、直進安定性が高い。周りの風景を楽しみながらツーリングできそうです。ガタガタしている、路面の悪いところをわざわざ走ってみたのですが、安心して走れました。予想以上にロングツーリングに良さそうなので、試乗する前よりは購買欲がアップ。今後のバリエーション展開に期待しています。」


◎シグナス オーナーさん(バイク歴?年)

普段は足としてシグナス125ccに乗っています
「普段は足としてシグナス125ccに乗っています。バイク歴は長く10数台乗り継いできましたが、大型バイクに乗るのは久しぶりでした。以前【TRICITYモニターキャンペーン2016】に参加し、フロント二輪のテクノロジーに興味を持っていました。
NIKENは跨いだ時に片足がつま先しか着かなかったので、少し心配になりましたが、走り始めたらすごく安定していました。コーナーも全く不安がありませんでした。大型バイクはクラッチワークが慣れないと、リーンすることが難しく、挙動がおかしくなってしまうことがありました。ですがNIKENはやや無造作な操作でも、安定しているので不安がない。この試乗コースのような勾配があり、コーナーがきついところで、久しぶりの大型バイクにも関わらず、すぐに慣れることができました。とてもいいと思う。軽快さを求めるなら従来の二輪モデルですが、安定感、楽しさを求めるならNIKEN。
今回のような山道の試乗コースを走り、NIKENの良さが分かりました。ヤマハはすごいバイクを作ったと感じました。試乗会も本当に楽しかったです。」


◎FJR1300オーナーさん

「不思議な感じでした。見た目はフロントが重そうだけど、意外とフロントの接地感が軽い。素直にラインをトレースしていくし、気にせずに曲がっていく感じ。左右の切り替えしの時に、一旦タイヤが立つ瞬間がありますが、その時に直進に引っ張られるかな、という感覚がありました。短時間なので分からないことが多いですが、見た目よりも走りが、普通の二輪っぽくて驚きました。走りに安心感があり10満点の評価では9点かな。取り回しも足つきも問題なかったです。面白いバイクですね」
「不思議な感じでした。見た目はフロントが重そうだけど、意外とフロントの接地感が軽い。素直にラインをトレースしていくし、気にせずに曲がっていく感じ。左右の切り替えしの時に、一旦タイヤが立つ瞬間がありますが、その時に直進に引っ張られるかな、という感覚がありました。短時間なので分からないことが多いですが、見た目よりも走りが、普通の二輪っぽくて驚きました。走りに安心感があり10満点の評価では9点かな。取り回しも足つきも問題なかったです。面白いバイクですね」


◎シグナスオーナーさん(右)

「NIKENの乗り心地は安定感があるけど、ちゃんとバイクの軽快感もありました。コーナリングなど、ちょっと滑ってもこわくなかったです。足つきもそんなに悪くないし、取り回しは少し重いけど、走りはフロント2輪の感覚もすぐに慣れて、コーナリングでリーンしている感覚が楽しくて抜群の乗り心地でした。デザインもいいですね。普段から、サーキット、ツーリング、通学と生活にバイクが欠かせません。会場にはクルマで来ましたが、彼女とはよくタンデムで乗っています。NIKENでもタンデムしてみたいですね」
「NIKENの乗り心地は安定感があるけど、ちゃんとバイクの軽快感もありました。コーナリングなど、ちょっと滑ってもこわくなかったです。足つきもそんなに悪くないし、取り回しは少し重いけど、走りはフロント2輪の感覚もすぐに慣れて、コーナリングでリーンしている感覚が楽しくて抜群の乗り心地でした。デザインもいいですね。普段から、サーキット、ツーリング、通学と生活にバイクが欠かせません。会場にはクルマで来ましたが、彼女とはよくタンデムで乗っています。NIKENでもタンデムしてみたいですね」


【関連リンク】
・製品情報「NIKEN」




2019年5月29日
ページ
先頭へ