本文へ進みます

SR Cafe : SRイズム - フェンダー加工

2016年4月27日

1978年のデビュー当時と変わらない姿で佇むSR。もちろんその長い年月の間には、少しずつではあるが、変化が与えられてきた。しかし、"変えられない"ものもある。その変えられないものとは、SRのSRたる部分であり、いまやSRのみが持つクラフトマンシップと言えるのではないだろうか。ここでは、そのクラフトマンシップをご紹介しよう。

(※本ページの内容は、SR400のスペシャルコンテンツ「SR Cafe」をもとに再構成したものです。)

フェンダー加工<フジコーポレーション>

機能パーツでありながら、スタイリングを決める外装パーツでもあるフェンダー。最近では加工のしやすさや軽さの面から、プラスチック製フェンダーが主流となっているが、SRは'78年のデビュー以来ずっとスチール製のメッキフェンダーを採用している。フジコーポレーションは、SRデビューからフェンダーを手がけ、現在ではヤマハのスチール製フェンダーのほとんどを製作。またメイトなどビジネスモデルのプレスフレームも手がけている。大型機械が並ぶプレス工場だが、やはり細部には人間の手が欠かせない。

1:一枚の鋼板からスタート

今回作業工程を追いかけるのはリアフェンダー。緩やかな曲線とともにフレームへの取り付けボルト用のクボミもあり、予想以上に複雑な形状となる。しかし最初は何の変哲もない、平らな鋼板からスタート。4つの工程を経て、メッキ加工や磨き加工を残したフェンダーの原型が出来上がる。この鋼板の大きさは、絞りの深さによって異なる。アメリカンモデルなど、絞りの深いフェンダーの場合は、表面積が大きくなるため、当然その素材となる鋼板も大きいものを使用する。

この直線的な鋼板を、曲面で構成されたプレス機の金型にセットする。1回のプレスでその仕上がりの良し悪しが決まってしまうために、簡単な作業に見えるが熟練の技を必要とする。

2:最初のプレスで良し悪しが決まる

リアフェンダーの場合、最初の1回のプレスで、その形がほぼ完成する。したがって、ここでの作業が最も重要となるわけだ。しかし全てがプレス機任せというわけではない。このプレス機のスタートボタンを押すまでに、莫大な時間と高い技術力が必要となる。金型の製作、プレス機へのセットアップ、作業後のメンテナンス、これら全ての作業が熟練工員の手によって行われているのである。特にセットアップは、同じ型を使っても日によって仕上がりが微妙に変化してしまうため、入念に行われる。

約300tの圧力をかけ、平らな鋼板を一気に3次曲面を持つフェンダーに変化させてしまう最初の金型。この金型のみを変更し、様々なモデルのプレスパーツを成型する。

3:プレス機でフチを切り離す

最初の金型をセットした同じプレス機に、フチを切り離す金型を同時にセットし、最初のプレスで出来上がったフェンダーから余分なフチを切り離す。プレス機の圧力でフェンダーの余分な部分が切り離される様子は、昔お祭りの屋台で遊んだ型抜きガムのイメージ。すっかりフェンダーらしくなった、湾曲した鋼板の反対側には、余分な鋼板が積み重ねられていく。この時も、切りくずなどのゴミの混入で製品に傷が付いていないかが入念にチェックされる。ゴミの混入は製品を傷つけてしまうほか、金型にもダメージを与えてしまうために、常に注意が払われている。

型抜きのために作られた金型。複雑な形状のパーツは、数回に分けてプレスを行うこともある。それに比べればSRは比較的単純な形状といえる。

4:装着用の穴開け加工を行う

フレームに装着するための穴やテールランプ用などの穴開け加工も、プレス機を使って行われる。プレス機を使った加工はこれで終了するが、このあと配線を束ねるステーなどの溶接作業を行い、さらにその溶接跡を平らに均すなど、職人の手による作業が続く。フェンダーは、オートバイのスタイルを決める上で重要なパーツであり、中でも、SRのフェンダーが特に美しいといわれる理由はここにあるといえる。

穴あけ加工用のプレス機は、今までのプレス機のようにじっくりと圧力をかけず、数カ所ある穴あけポイントをあっという間に加工する。

5:先端を丸めるのは別工程で

プレス機で切断された鋼板の先端は、別工場に渡され、内側に丸め込む加工が行われる。この作業は、独特の膨らみを持たせながらも、先端は美しい曲線を成型するため高い技術力が要求される。しかし、同時にスチールフェンダー特有の美しさを表現できる部分でもあり、妥協を排除し、徹底的に手をかけてその作業が行われる。それら数多くの手作業を経て、初めてメッキなどの表面加工へと移行する。シンプルなパーツだけに、何気なく目にしていたフェンダーだが、そこには数多くの職人達の手が加わった、実に奥深いパーツであるということに気付かされる。

SR Cafe : SRイズム

2016年4月27日
ページ
先頭へ