本文へ進みます


単軸ロボットドライバ RDV-X・RDV-P

位置決め整定時間短縮と省スペース化を実現。パルス列入力方式ドライバRDV-X、RDV-Pをご紹介します。

MENU

基本仕様

項目 RDV-X RDV-P
ドライバ型式 RDV-X205 RDV-X210 RDV-X220 RDV-P205 RDV-P210 RDV-P220 RDV-P225
制御軸数 1軸
制御可能ロボット 単軸ロボットFLIP-X リニア単軸ロボットPHASER
基本仕様
接続モータ容量 200V
100W以下
200V
200W以下
200V
600W以下
200V
100W以下
200V
200W以下
200V
400W以下
200V
750W以下
最大消費電力 0.3kVA 0.5kVA 0.9kVA 0.3kVA 0.5kVA 0.9kVA 1.3kVA
外形寸法 W40×H160×D140mm W40×H160×
D170mm
W40×H160×D140mm W40×H160×
D170mm
W55×H160×
D170mm
本体質量 0.7kg 1.1kg 0.7kg 1.1kg 1.2kg
入力
電源
制御電源 単相200~230V+10%、-15%、50/60Hz±5%
モータ電源 単相/三相200~230V+10%、-15%、50/60Hz±5%
軸制御
位置検出方式 レゾルバ 磁気式リニアスケール
制御方式 線間正弦波変調PWM方式
制御モード 位置制御
最高速度※1 5000rpm 3.0m/s
入出力関係機能
位置指令入力 ラインドライバ信号(2Mpps以下)
(1)正転パルス+逆転パルス  (2)符号入力+指令パルスT  (3)90°位相差二相パルス指令
(1)~(3)よりいずれか選択
入力信号 DC24V接点信号入力(シンク/ソース対応可)(DC24V電源内蔵)
(1)サーボON   (2)アラームリセット   (3)トルク制限   (4)正転駆動禁止   (5)逆転駆動禁止
(6)原点センサ※3   (7)原点復帰   (8)パルス列入力許可   (9)偏差カウンタクリア
出力信号 オープンコレクタ信号出力(シンク/ソース対応可)(1)サーボ準備完了 (2)アラーム (3)位置決め完了 (4)原点復帰完了
リレー出力信号 ブレーキ解除信号(24V 375mA)
位置出力 A、B相信号出力:ラインドライバ信号出力 Z相信号出力:ラインドライバ/オープンコレクタ信号出力
N/8192(N=1~8191) 1/N(N=1~64) または2/N(N=3~64)
モニタ出力 2ch、0~±5V電圧出力、速度検出値、トルク指令など選択可能
内部機能
表示器 5桁数字表示器、制御電源LED
外部オペレータ パソコンソフト「RDV-Manager」モニタ機能、パラメータ設定機能、運転トレース機能、試運転機能など
USB2.0使用 Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 パソコン接続可能
回生制動回路 内蔵(ただし制動抵抗無し)
ダイナミック
ブレーキ※4
内蔵(動作条件設定可能)(DB抵抗無し、結線:2相短絡) 内蔵(動作条件 設定可能)(DB抵抗付き、結線 : 2相短絡)
保護構造※2 半閉鎖型(IP20)
保護機能 過電流、過負荷、制動抵抗器過負荷、主回路電圧、メモリ異常 など
オプション
パソコン用
サポートソフト
RDV-Manager
一般仕様
使用温度 0°C~+55°C
保存温度※5 -10°C~+70°C
使用湿度 20%~90%RH(結露なきこと)
耐振動※6 5.9m/s2(0.6G)10~55Hz
※1
ロボットドライバの制御上のパラメータ、演算範囲であり、ロボットの最高速度の能力ではありません。
※2
保護方式は JIS C 0920(IEC60529)に準拠します。
※3
原点センサはGXL-8FB(SUNX製)または、FL7M-1P5B6-Z(山武製)とします。原点センサの消費電量は15mA以下(出力開放時)とし、ロボットドライバ1台に対し原点センサ1台のみの接続とします。
※4
ダイナミックブレーキは非常停止用としてお使いください。ロボットの機種によっては、ブレーキの効きが小さい場合があります。
※5
保存温度は輸送中を含めた非通電時の温度です。
※6
JIS C 60068-2-6:2010(IEC 60068-2-6:2007)の試験方法に準拠します。

受付時間 8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日・日曜日 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

ページ
先頭へ