本文へ進みます


ロボットトレーニング

ヤマハ発動機の産業用ロボットをご購入いただいたお客様を対象に行っているロボットトレーニングについてご紹介します。

ロボットトレーニングのご案内

弊社では、単軸ロボット、直交ロボット、スカラロボット、垂直多関節ロボットをご購入されたお客様対象に、ロボットを有効かつ安全にご使用いただくためのロボットトレーニングを実施しています。
複数のコースをご用意しておりますので、作業内容に応じてご選択下さい。
多くの方のご参加をお待ちしております。

講義内容を限定したカリキュラム構成で、
作業内容に合わせて受講するコースを選択していただきます。

コース

A : 特別教育コース

A-1 産業用ロボットの教示等に関する特別教育

コース内容

労働安全衛生規則第36条第31号の「産業用ロボットの教示等の業務に係わる特別教育」に基づいた内容になります。

実技教育で使用するロボットコントローラは「RCX240」もしくは「RCX340」になります。(指定可能)
2日間の教育を修了した方には、産業用ロボットの教示等に関する特別教育における修了証を発行致します。
日数 受講料
2日 ¥50,000(お一人様)

A-2 産業用ロボットの検査等に関する特別教育

コース内容

労働安全衛生規則第36条第32号の「産業用ロボットの検査等の業務に係わる特別教育」に基づいた内容になります。

実技教育で使用するロボットは、スカラロボット(YK500XG)および単軸ロボットになります。(指定不可)
2日間の教育を修了した方には、産業用ロボットの検査等に関する特別教育における修了証を発行致します。
日数 受講料
2日 ¥50,000(お一人様)

A-3 産業用ロボットの教示等に関する特別教育+基本操作トレーニング

コース内容

労働安全衛生規則第36条第31号の「産業用ロボットの教示等の業務に係わる特別教育」に基づいた内容に加えて、ヤマハ多軸コントローラ「RCX240」もしくは「RCX340」の基本操作を学習するコースになります。

実技教育で使用するロボットコントローラは「RCX240」もしくは「RCX340」になります。(指定可能)
3日間の教育を修了した方には、産業用ロボットの教示等に関する特別教育における修了証を発行致します。
日数 受講料
3日 ¥80,000(お一人様)

閉じる

B : 一般コース

B-1 基本トレーニングコース

コース内容

対応ロボット:直交ロボット(マルチ)、スカラロボット
対応コントローラ:RCXシリーズ

ヤマハロボットコントローラ「RCX240」もしくは「RCX340」に関するトレーニングコースになります。

  • RCXシリーズの概要
  • プログラムペンダントの基本操作
  • ティーチング方法
  • プログラム作成
  • 基礎プログラミング命令
トレーニングは、プログラミングボックス(RPBもしくはPBX)における操作が中心となります。
現在、設備作成におけるテーマを持っていて、その内容に基づいたトレーニングをご希望の場合は、「C-1:ユーザー支援コース」の受講をお願い致します。
日数 受講料
1.5日 ¥30,000(お一人様)

B-2 ビジョントレーニングコース

コース内容

対応ロボット:直交ロボット(マルチ)、スカラロボット
対応コントローラ:RCXシリーズ
対応オプション:iVY(RCX240)もしくはiVY2(RCX340)

ヤマハロボットオプションシステム「iVY」もしくは「iVY2」に関するトレーニングコースになります。

  • ビジョンシステムの基礎操作
  • カメラセッティング方法(キャリブレーション等)
  • サポートソフト「iVY Studio」「iVY2 Studio」の操作(品種登録等)
  • ビジョンシステムに関するプログラミング基礎
本コースは、ロボットコントローラ「RCX240」もしくは「RCX340」の基礎知識を必要とします。
上記コントローラを始めてご使用になる場合は、「B-3:基本操作+ビジョントレーニングコース」の受講をお願い致します。
日数 受講料
1.5日 ¥50,000(お一人様)

B-3 基本操作+ビジョントレーニングコース

コース内容

対応ロボット:直交ロボット(マルチ)、スカラロボット
対応コントローラ:RCXシリーズ
対応オプション:iVY(RCX240)もしくはiVY2(RCX340)

ヤマハロボットコントローラ「RCX240+iVY」もしくは「RCX340+iVY2」に関するトレーニングコースになります。

  • RCXコントローラおよびビジョンシステムの基本操作
  • サポートソフト「VIP+」もしくは「RCX-Sutdio」の基本操作
  • カメラセッティング方法(キャリブレーション等)
  • サポートソフト「iVY Studio」「iVY2 Studio」の操作(品種登録等)
  • ロボットおよびビジョンシステムにおけるプログラミング基礎
日数 受講料
2.5日 ¥80,000(お一人様)

B-4 リニアコンベアトレーニングコース

コース内容

対応ロボット:LCM100
対応コントローラ:LCC140

ヤマハリニアコンベア「LCM100」に関するトレーニングコースになります。

  • リニアコンベア「LCM100」およびコントローラ「LCC140」の概要
  • リニアコンベアのセットアップ方法
  • リニアコンベアのティーチング方法
  • リニアコンベアの動作方法(プログラム、リモートコマンド等)
  • サポートソフト「POPCOM+」の操作方法
日数 受講料
1.5日 ¥30,000(お一人様)

B-5 ロボットメンテナンストレーニングコース

コース内容

対応ロボット:直交・単軸ロボット(マルチ)、スカラロボット
対応コントローラ:RCXシリーズ

お客様がお使いのロボット(単軸ロボット、直交ロボット、スカラロボット)もしくは、コントローラのメンテナンスに関するトレーニングコースとなっております。

  • ロボットのメンテナンス方法
  • ロボットの部品交換手順
  • コントローラのシステム電池交換方法
  • コントローラのセッティング変更方法(電流センサ変更方法)
お客様ご希望のロボットがご用意できない可能性もあります。その場合は、代替のロボットで実施させて頂きます。ご了承ください。
ロボットコントローラの操作方法についてのトレーニングは実施致しません。
日数 受講料
1.5日 ¥50,000(お一人様)

B-6 単軸ロボットトレーニングコース

コース内容

対応ロボット:単軸ロボット
対応コントローラ:TS、SR1

単軸コントローラ「TSシリーズ」もしくは「SR1シリーズ」に関するトレーニングになります。

  • 単軸コントローラ「TS」もしくは「SR1」の基礎操作
  • データ作成方法(ティーチング、プログラム(SR1のみ)等)
  • サポートソフト「TS-Manager」(TS)もしくは、「POPCOM+」(SR1)の基礎操作
日数 受講料
0.5日 無償

閉じる

C : 特別カリキュラムコース

C-1 ユーザー支援トレーニングコース

コース内容

対応ロボット:直交ロボット(マルチ)、スカラロボット
対応コントローラ:RCXシリーズ

お客様がご購入されるロボットにおいて、事前に提出して頂いた要望シートに応じて教育を行うトレーニングコースになります。

  • ヤマハロボットシステムの概要
  • ユーザー要望の内容に応じたロボットシステム構築方法
  • ユーザー要望に適したプログラム作成支援
このコースはあくまでもお客様の要望を支援するコースであり、ヤマハがシステムに関するデータを作成するコースではありません。
トレーニング中に使用したサンプルプログラムは、お持ち帰りいただくことが可能です。
お客様のご要望に沿った教育を可能な限り実施致します。よって、トレーニング申込時にご要望シートを提出して頂く必要があります。(ご希望に添えない内容もございます)ご提出頂いたご要望に応じて実施日数と受講料を決めさせて頂きます。
日数 受講料
1.5日 ¥50,000~(お一人様)
※内容、日数により価格は変動します。

閉じる

D : 垂直多関節コース

D-1 垂直多関節トレーニングコース(初級)

コース内容

対応ロボット:YAシリーズ
対応コントローラ:YAC100

ヤマハロボットコントローラ「YAC100」に関するトレーニングコースになります。

  • YAシリーズの概要
  • プログラムペンダントの基本操作
  • ティーチング方法
  • プログラム作成
  • 基礎プログラム命令
トレーニングは、プログラミングペンダントにおける操作が中心となります。
日数 受講料
1.5日 ¥50,000(お一人様)

閉じる

オプション

OP-01 ピック&プレイス動作

コース内容

RCXシリーズのコントローラを対象に、ピック&プレイス動作(単純なワーク搬送)を行うためのプログラム言語の解説を行います。

追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 0日 ¥0

OP-02 パレタイジング動作

コース内容

RCXシリーズのコントローラを対象に、パレタイジング動作を行うための設定方法、プログラム言語の解説を行います。

追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 0~0.5日 ¥0

OP-03 シーリング(軌跡重視)動作

コース内容

RCXシリーズのコントローラを対象に、シーリング(軌跡重視)動作を行うためのプログラム言語の解説を行います。

追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 0~0.5日 ¥0

OP-04 サポートソフト操作「RCX-Studio Pro」

コース内容

RCX340対応サポートソフト「RCX-Studio」のProfessional版の基本機能、操作の解説を行います。

追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 0.5日 ¥5,000(お一人様)

OP-05 グリッパ操作

コース内容

RCX240もしくはRCX340コントローラにグリッパオプションを装着した場合の、基本操作、関連ロボット言語の解説を行います。

追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 0.5日 ¥5,000(お一人様)

OP-06 トラッキングシステム

コース内容

RCX240もしくはRCX340コントローラにトラッキングオプションを装着した場合の、基本操作、トラッキングキャリブレーション、関連ロボット言語の解説を行います。

基本コースとして「B-1」を選択している場合、カメラなしのトラッキングシステムで解説いたします。iVYもしくはiVY2システムのカメラを装着したトラッキングシステムの場合は、基本コースを「B-2」もしくは「B-3」を選択してください。
追加可能コースNo 日数 受講料
A-3、B-1、B-2、B-3 1~2日 ¥20,000(お一人様)
オプションを見る

開催場所・時間

開催会場

ヤマハ発動機株式会社 IM事業部
〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地
・JR浜松駅より車で約40分
・東名浜松西ICより車で約10分
・新東名浜松SAスマートICより車で約15分
・新東名浜松北ICより車で約25分
・東名浜松ICより車で約40分
TEL:053-525-8350(ロボット営業)

講習時間

9:30~17:00
選択したコースやオプションにより開始時間が上記時間と異なる場合ございます。
実際の開始時間は、お申し込み後に送付される案内資料をご確認ください。

お申し込みの手順

1.コースの選択

各コースのカリキュラムをご確認の上、受講コースをご決定下さい。

2.受講希望日のご確認

受講を希望される日時をお電話でご連絡下さい。追って担当者よりご連絡させていただきます。

ロボット営業:053-525-8350

ウェブサイトお問合せ窓口、E-mailでもご連絡いただけます。

3.申込書のご記入

受講日程が確定しましたら、下記いずれかの方法でお申し込みください。

  • 印刷した申込書(PDF)に必要事項を記入しメールもしくはFAXにてご送信

4.弊社からお客様へご連絡

受講日1週間前までに案内資料をメールもしくはFAXにてお送り致します。
受講日、参加者お名前、開始時間、開催場所が明記されておりますので、必ず内容をご確認の上、ご来場下さい。(お名前は修了証にも記載されますので、必ずご確認下さい)

5.受講日当日について

受講日1週間前までに案内資料をメールもしくはFAXにてお送り致します。

開催会場

ヤマハ発動機株式会社 IM事業部
〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地
・JR浜松駅より車で約40分
・東名浜松西ICより車で約10分
・新東名浜松SAスマートICより車で約15分
・新東名浜松北ICより車で約25分
・東名浜松ICより車で約40分
TEL:053-525-8350(ロボット営業)

持ち物

筆記用具

服装

実習でロボットを動かすこともございますので、軽装で構いません

受付時間 8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日・日曜日 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

ページ
先頭へ