本文へ進みます

リニアコンベアモジュール LCMR200

リニア搬送のパイオニアが提案する、次世代工場の搬送プラットフォーム

MENU

リニアコンベアモジュール LCMR200

一瞬たりともムダにしない生産工程の実現

  • 停止精度:
    ±5μm
  • 最高速度
    2,500mm/sec 
    ※搬送質量が10kgを超える場合は、質量に応じて2,000mm/secまで下がります。
  • スライダ間ピッチ:
    210mm

リニア搬送のパイオニアが提案する

次世代工場の搬送プラットフォーム

無価値時間 限りなくゼロへ。

ワークを運ぶだけの搬送時間は無価値な時間です。
ヤマハリニアコンベアモジュールLCMR200で搬送部分もロボット化することで、無価値時間を限りなくゼロに近づけませんか?

無価値時間 限りなくゼロへ。
リニアコンベアモジュールLCMR200
  • 狭ピッチ高速搬送可能
  • 個別ID認識
  • 完全アブソリュート原点復帰不要
  • ドライバ内蔵省配線

特長

「流す」から「動かす」へ。搬送工程のムダを無くして収益性向上。

01搬送時間の短縮 〈 LCMR200と従来コンベアの作業工程比較 〉

02従来方式コンベアと最新リニアコンベアの徹底比較

搬送環境を改善する、優れた性能。

01原点復帰不要

新開発の高精度フルレンジアブソリュートセンサにより原点復帰が不要です。動作の開始、停止が簡単に行え、立ち上げ復旧時でも時間のロスが発生しません。

02コネクションプレートとコネクションユニットによる簡単連結

モジュールは、コネクションプレートにより機械的な位置決めを行い、コネクションユニットによりモジュール間通信の連結を行います。短時間で再現性と信頼性の高い設置が可能です。

03往路・復路モジュール接近設置が可能で省スペース

〈 ケーブル取出し方向選択可能 正面 背面

モジュールのケーブル取出し方向が選択可能です。装置に設置する際、電気配線の自由度が増します。特に水平循環レイアウトでは往路・復路のモジュールでケーブル取出し方向を逆にすることで、モジュールを最短200mmまで近づけることができ、循環時のサイクルタイム短縮、設置スペースの削減が可能です。また、モジュールの状態を示すLEDインジケータはモジュールの正面、背面の両側から視認可能です。

04薄型構造

新開発のリニアモータ採用により、モジュールの高さがLCM100の約30%ダウンとなりました。架台下部のスペースを有効活用できます。

05ドライバ内蔵で省配線化

モジュール本体にモータドライバを内蔵した一体構造のため、YHXコントローラからYQLinkケーブルで繋ぐだけでLCMR200全体を制御できます。制御盤内の省スペース化にも貢献します。

06全スライダが独立して動作可能

速度、加速度を動作ごとに設定できるため、全てのスライダを任意のタイミングで自由自在に動かすことが可能です。

07異物対策(隙間削減)天面カバー採用

各作業工程での異物の落下が故障要因とならないように、ガイドレールやモータ、センサを保護するカバーを天面に取り付けています。

08スライダ間機差±30μm(ノック穴基準)

任意の1ポイントに複数のスライダを順次停止させる場合、実際の停止位置は各スライダによってわずかに異なるため機差(相互差)を持ちますが、LCMR200はそのスライダ間機差を±30μmに抑えることができ高精度な工程に最適です。RFID等も不要なため、コスト低減も可能です。

09YHXコントローラによる集中制御

循環動作も含め、搬送工程上の全てのスライダと単軸ロボットを制御可能です。

10スタンダードプロファイルによるシンプル制御

上位PLCからの指令により、スライダと単軸ロボットをポジショナとして動作させるシンプルな制御方式です。

高付加価値を備えた汎用性のある工程間搬送の実現。

搬送タクトの低減、設備の省スペース化を実現。生産能力を増強し、コスト競争力の強化に貢献します。

01工程の共有化

【ダイレクト駆動】【スライダ逆走】

スライダを逆走させることができるため、同一工程を共通化でき、コスト削減、搬送ラインの小型化に貢献します。
高速での往復動作や、一部のスライダだけを後退させるなどのフレキシブルな動作も可能です。

02タクトの異なる工程間を効率移動

【ダイレクト駆動】【狭ピッチ動作】

サーボ制御によるダイレクト駆動のため、停止用のメカストッパやセンサーの設置が不要です。
停止位置の設定はポイントの変更のみで対応可能なため、短時間で完了します。
品種変えによる頻繁な段取り変えにも柔軟に対応します。
狭ピッチ移動が可能なため短時間工程は同一工程内をピッチ送りし、長時間工程ではまとめて高速移動することで、移動時間を削減可能です。

03ワークの引き込み不要

【高剛性ガイド】

高剛性ガイドを採用しているため搬送ライン上で組立、加工が可能です。
搬送ライン上から作業台に引き込む手間が削減でき、装置のダウンサイジングや、コストダウンが図れます。

04メンテナンスがラク / 万一の故障時も安心

天面カバー採用で落下物(異物)混入防止。
耐環境磁気センサ採用で汚れに強い。
ワンタッチ位置決めで面倒な精度出し不要。
モータやスケールが非接触で磨耗しない。
摺動部分もレールのみで低発塵。
部品が標準化されているため保守部品として持ちやすい。
部品交換が簡単。
万一の故障時もスライダやリニアモジュールを交換するだけですぐに復旧でき、製造ラインの停止時間を最小限に抑えることができる。

ムダのないシンプルな構成。
自由度の高い搬送システムを簡単に構築可能。

搬送工程上の全てのスライダ動作および周辺単軸ロボットを、上位PLCから一台のYHXコントローラを介して制御できます。自動化生産ラインを効率的かつ簡単に構築可能です。

01柔軟なライン構築が可能

モジュールと循環ユニットの組み合わせによるレイアウト例

水平循環例

各種資料製品に関するカタログ等をご覧いただけます。

受付時間 8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

ページ
先頭へ