本文へ進みます

モータレス単軸アクチュエータ Robonity Advancedモデル スライダタイプ LGXS

高精度、高耐久性、クリーン仕様標準対応が特長のモータレス単軸アクチュエータです。長距離搬送にも対応しています。

MENU

Advancedモデル スライダタイプ LGXS高精度 精度等級C5・高耐久性・クリーン仕様標準対応

高効率で高精度な研削ボールねじを標準採用し、高い信頼性と耐久性を誇るハイプレシジョンモデル。
直交ロボットのベース軸にも最適です。

  • 最大可搬質量:
    2kg~160kg
  • 最高速度:
    300~2,400mm/sec
  • ストローク:
    50~1,450mm

対応モーターメーカー※対応機種、容量については、各機種の詳細ページにてご確認ください。

【サーボモータ】
株式会社安川電機、三菱電機株式会社、株式会社キーエンス、オムロン株式会社、パナソニック株式会社

最高加速度2G!

YAMAHA品質だからできる、単軸ロボットでも安心して生産性向上を!

昨今のカイゼン意識の向上により、ものづくりの現場からたくさんのご要望をいただいております。
「さらなる生産性向上をするためもっと速い単軸ロボットが欲しい!もちろんそのロボットは長く安心して使いたい!」
そんなご要望にお応えすべく、RobonityシリーズAdvancedモデルに「高加減速モデル」をラインナップ追加しました。

なぜ加減速を早くすることでお客様にメリットがあるのか?

1. ロボットの動作時間が短縮できる

2. よって、製品が出来上がる時間が短縮できる

3. つまり、一日の生産数を増やすことができるようになり、
同じ時間でより多くの生産が可能になる

これだけ違う!加減速度の影響!

1kg搬送時の移動時間の比較

なぜできる!? YAMAHAのAdvancedモデル

これだけ違う!加減速度の影響!

1kg搬送時の寿命

改善効果

<例>移動ストローク:100mm、搬送質量1kg、ロボットが1サイクルで動く回数8回を、
1日8時間稼働、月20日稼働、稼働率100%で試算した場合

  作業時間 ロボット動作時間 合計時間 1時間あたり
生産量
1日あたり
生産量
1ヶ月あたり
生産量
0.5G 8秒 0.3秒 10.4秒 346個 2768個 55360個
2.0G 8秒 0.17秒 9.36秒 384個 3072個 61440個

結果、全く同じ稼働条件で1ヶ月間で 約6000個(約10%)の差が生まれます。

単軸ロボットってどこも一緒でしょ?

開発者の声

ヤマハ発動機の単軸ロボットは耐久性に優れており、製品寿命が長いことが特長です。
この「Robonity」シリーズは更に進化し、蓄積したノウハウと各構成部品の特長を最大限に活かすことで、低価格・生産性・省スペース・品質向上など、お客様のさまざまなニーズに自信をもってお応えできる製品です。
ぜひ「Robonity」シリーズの優れた製品パフォーマンスをお試しください。

特長

01全長最短

動作ストロークに対する全長は業界最短クラス

02高精度

・研削ボールねじを採用。
・ボールねじ精度:精度等級 C5
・繰返し位置決め精度 ±5μm

03クリーン仕様 標準対応

・本体上面に防塵ステンレスシート採用
・配管継手を取り付け、吸引するだけでクリーン環境で使用可能

04モータ取付方向、折曲げユニットで簡単変更

モータの向きを、標準仕様 (ストレート)、モータ折曲げ仕様 (右、左)簡単に変更可能です

各種資料製品に関するカタログ等をご覧いただけます。

受付時間
国内営業所:9:00~17:00 月~金曜日
製品サポート窓口:9:00~17:00 月~金曜日
メンテサポート窓口:8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

お問合せご案内

ヤマハロボットメンバーサイト
メンバーの方

ログインしてお問合せ

メンバー以外の方

ログインせずお問合せ
ページ
先頭へ