本文へ進みます

サポートソフトウェア RCX-Studio 2020 仕様

RCX320、RCX340用サポートソフトウェアです。装置の立ち上げから保守までヤマハロボットの運用をサポートします。

MENU

ソフトウェア 基本仕様

RCX-Studio 2020 Basic、RCX-Studio 2020 Pro ともに、WEBサイトよりダウンロード可能です。

製品名 RCX-Studio 2020 Basic RCX-Studio 2020 Pro
型式※1 KCX-M4990-40 KCX-M4990-50
ライセンス管理 USBキー(青)※2 USBキー(紫)
対応言語 日本語、英語、中国語
OS※3 Microsoft Windows 7 SP1(32/64bit)、8.1(32/64bit)、10(32/64bit)
実行環境 .NET Framework 4.5 以上
CPU 推奨:Intel Core i5 2GHz以上、最小:Intel Celeron 2GHz以上、
3Dシミュレータ無効時:Intel Core2 Duo 2GHz以上
メモリ 推奨:8GB以上、最小:4GB以上、3Dシミュレータ無効時:1GB以上
ハードディスク容量 RCX-Studio 2020 のインストール先に1G以上の空き容量
通信ポート 通信ケーブル:シリアル通信ポート、イーサネット、またはUSB ポート
その他 専用通信ケーブル(D-Sub用、またはUSB用)
イーサネットケーブル(カテゴリ5以上)
USBポート:1ポート(USBキー用)
使用可能コントローラ RCX340/RCX320
使用可能ロボット RCX340/RCX320に接続可能なヤマハロボット
※1:
ソフトウェアパッケージの型式です。ソフトウェアは2製品共通で、WEBサイトよりダウンロード可能です。
※2:
従来機種RCX-Studio Proと共通です。
※3:
Windows 7、Windows 8.1、およびWindows 10 は、米国Microsoft Corporation の米国、およびその他の国における登録商標、または商標です。その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標、または商標です。

通信ケーブル(5m)

RCX-Studio 2020用通信ケーブル。USB接続用、D-Sub接続用からお選びください。

型式 USBタイプ(5m) KBG-M538F-00
D-Subタイプ
9Pin-9Pin(5m)
KAS-M538F-10
USBケーブルはWindows 2000/XP以上の対応となります。
POPCOM+、VIP+、RCX-Studio Pro、RCX-Studio 2020の通信ケーブルは共通です。
通信ケーブル用USBドライバは、ウェブサイトからもダウンロードできます。
イーサネットケーブルにも対応(カテゴリ5以上)

USBキーについて

RCX-Studio2020には、ロボットの誤動作を防止するためのUSBキーが付属しています。
このUSBキーがPCに未接続の場合、またUSBキーの種類の違いにより下記表の様に機能が制限されます。

機能 USBキー未接続 RCX-Studio 2020 Basic
(青)※
RCX-Studio 2020 Pro
(紫)※
実機とのデータ転送によるバックアップ/リストア
オンラインモードでのコントローラ操作 ×
ファイル保存 ×
リアルタイムトレース △(データの保存は×)
サイクルタイム計算機 △(起動のみ、計算不可)
iVY2エディタ △(起動のみ、接続不可)
データ比較ツール △(変更の保存は×)
3Dシミュレータ機能 △(キャプチャは×)
カスタムウィンドウ
プログラムテンプレート △(ファイル出力は×)
CADデータ読み込み STL、OBJ、VRML
STEP × ×
CAD to ポイント変換 × ×
USB キーの色

受付時間 8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

ページ
先頭へ